お問い合せはコチラから お問い合せはコチラから

着ぐるみのサンモルド

オーダーメイド着ぐるみ製作専門店 サンモルド

TEL
【営業時間】平日10:00~18:00

▲▲ 検索ワード入力後は検索ボタンをクリックしてね!! ▲▲

宣伝隊長に如何でしょうか。

2021.01.12

こんにちは!

寒い日が続きますが、皆さま如何お過ごしでしょうか。

新型コロナウィルスの感染が収まる気配がなく、

まだまだイベント開催には油断が許されない状況ですね。

外出自粛中で活躍できない着ぐるみさん達の代わりに

こんなものを作りました。

4分の1のミニチュアサイズです!

着ぐるみ製作時に使用した3Dモデリングデータを

そのまま縮小して作る事ができます。

持ち運びに便利なので、お手軽に色々な場所へ

移動していただけます。

中が綿のぬいぐるみとは素材が違い、「おもり」が入れてあるので、

安定性はバッチリです。


観光スポットやお店の紹介など、SNS用の写真を撮ってみるも良し、

窓口に飾ってみるのも良し。


コンパクトサイズに生まれ変わった宣伝隊長として

いかがでしょうか。

どこから見ているの?気になる着ぐるみの視界について

2021.01.04

こんにちは!

皆さんも街で着ぐるみを見た時に

一度は気になったことがあるのではないでしょうか。

「この子(この着ぐるみ)、どこから見ているのだろう・・・」


今回は秘密とも言える着ぐるみの「視界」について

少しだけお話し致します。


基本となるのは「目」と「口」。

目と口は自然に視界となる事が多いのですが、

キャラクターのデザインによっては目と口以外にも

視界となる部分は沢山あります。


例えばこちらの「うさぞー」。

顔のパーツが下にあるキャラクターなので、「おでこ」に目立たない

視界を作っています。

小さな視界ですが、意外と見えるんです!


「久里猫ぺリオ」は鼻の上に視界があり、自然な見た目ですね。

こちらの二人は「目」以外の視界はどこでしょうか。

  

なかなかわからないと思いますが、顔の色の切り替え部分に視界があります。


こちらのかっこいい目の二人。

  

白目も「シースルーシート」という素材を使用し、視界として使用します。


最後にエア着ぐるみの視界をご紹介致します。

エア着ぐるみなので、空気が漏れずに

中の人が外から見えないように

黒いビニールと、その着ぐるみに合わせたメッシュを使用して

視界を作っています。

ちなみにこちらの「ジャルバ君」は、

メッシュを塗装して視界にしています。

ジャルバ君、とってもカワイイですね!


キャラクターを着ぐるみ化するにあたり、

そのキャラクターに合う視界を

お客様と一緒に決めさせていただいております。


一つに「視界」といっても色々な素材を用いて着ぐるみとなります。

その子に合う視界をご提案させていただきますので、

気になる事がございましたらお気軽にお問い合わせください。

2021年明けましておめでとうございます。

2021.01.01

あけましておめでとうございます。

今年も変わらないご愛顧の程、よろしくお願い致します。

日本サンモルドの営業は1月4日からとなります。

今年最後の営業日です。

2020.12.28

皆さんこんにちは!

今年は年の初めからコロナウィルス一色の1年になりましたね。

着ぐるみを納品したお客様からは、

「イベントが全て中止になり、着ぐるみのお披露目も延期になりました。。。」

というお声をたくさん頂戴しました。

御見積のご依頼を頂いていたお客様からは「イベントがなくなったので、着ぐるみの製作を

一旦延期します」などのお声もありましたが、

そんな中でもたくさんのお客様から着ぐるみ製作の御注文をいただきました。

ありがとうございました。

来年は感染症とうまく付き合いながら沢山のイベントが開催され、

今年以上のお問い合わせを頂戴し、お客様にご満足いただける

着ぐるみの製作を引き続きさせていただきたいと思います!

今年の営業は本日28日までとなります。

2021年は1月4日より営業させていただきます。

2020年も日本サンモルドをご愛顧頂き誠にありがとうございました。

2021年も何卒よろしくお願い致します!

もうすぐ終了!クリーニングキャンペーン

2020.12.22

皆さんこんにちは!


クリスマスまであと少し、2020もあとわずかとなりましたね。

今年はコロナ禍で様々なイベントが中止になり、

「着ぐるみの出番がなかったなぁ」と

思ってらっしゃいませんか?


そんな時期だからこそ、メンテナンスをお薦め致します!


着ぐるみをキレイにメンテナンスをしていただいて新たな気持ちで

新年を迎え、いつでも大活躍できるようにご準備ください!


まだ間に合います!

いつもお世話になっておりますお客様限定で

感謝の気持ちを込めて着ぐるみクリーニングを

¥5,000OFFのクーポンをご案内させて頂いております!


今回は「ゆるキャラグランプリ10年お疲れ様でした‼」の

感謝の込めてさらにもう一つ、

先着5名様には「靴袋」をプレゼント致します。


・クリーニング一式(パーツクリーニングは対象外)

2020年12月28日(月)16:00までに御注文いただいたお客様

・お預かり期間 約2週間~3週間


期限まであとわずかですが、お問い合わせをお待ちしております!

着ぐるみのリボン

2020.12.14

皆さんこんにちは!

今日は着ぐるみの小物としてよく使われる「リボン」について

ご紹介させていただきます。


「べ~子ちゃん」はエプロンの紐のため、

平たく、キチンとしたリボン。

「白神ねぎのん」では細かいですが、2本シワの入ったリボン。

もちろんボーダーの柄も付けられます。

「輝くん」「夢ちゃん」では、首元にマントの

結び目である細いリボンを。

「そうだん爵」では形のしっかりした蝶ネクタイのリボン。

着ている服やそれぞれのキャラクターのコンセプトによって、

リボン一つでも様々なサイズや形があります。

どのくらいふっくらさせるか、素材はどんな生地を使うのか、

一体、一体しっかりと考えて作らせて頂いております!

ケモノ専門のホームページです。

2020.12.08

ケモナーのための着ぐるみを製作するWEBサイトを

運営しています。

着ぐるみを愛するヒトたちの為、ゆるキャラとは別カテゴリー

「ケモナーさん」のためのWEBサイトです。

サイト名は「ファリーケモノ工房」です。


オーダーメイドはもちろんのこと、イージーオーダー、

既製品の着ぐるみや小道具の製作までお受けします。


今後ともよろしくお願いしますね!

経営者のブログ07

2020.11.30

イノベーション5:安心・安全 クリーニング・修理

サンモルドは売っておしまい。の

着ぐるみづくりを致しません。

いつでも着ぐるみのSOSに手を差し伸べられる

存在でいたいと思っています。

それは、

クリーニングはもちろん、

修理やメンテナンス

改良などもそうです。


「当たり前じゃないか!」

と、仰る方は恵まれています。


世の中には、

・価格重視で作ったら実は海外製品だった。

・国内工場は存在しなかった。

・クリーニングはできないと断られた

・職人が辞めてしまい、当時の事がわからない。

・倒産して作った会社がなくなった。

そんなトラブルに巻き込まれている方がたくさんいます。


そこで「サンモルドさーん!!たすけてー」

と、言われてもお助けできないことがあります。


他社様で製作された着ぐるみに関しては

サンモルドでは修理・メンテナンスは基本的にお受けいたしかねます。


しかし、クリーニングは他社製品でも

対応いたしますので、お困りの方は是非ご相談ください。

https://ekigurumi.com/sentaku/

クリーニングは↑こちらから!


サンモルドで製作いただいた着ぐるみは

責任をもって修理・メンテナンス・新調をお手伝いいたします。


サンモルド製作という付加価値を作りたいと考えています。

経営者のブログ06

2020.11.24

(前回からのつづき・・・)

さらに、せっかく動画を撮るのであればと

キャラクターの動き方の参考画像も撮影して

お送りする事にしました。


イベントでの参考になったと

喜んでいただいております。


この動画撮影を機に弊社の撮影スタッフたちにも変化があり、

より動きやすくするためには。

と、視界や靴などの製作に反映させ、

さらなる職人魂を磨いています。


2015年の導入時に当時生地置き場だった部分を

リノベーションしてスタジオにしました。


着ぐるみは大きく、意外ときちんとした写真を

撮る事は少ない為、お客様より

「プロフィール写真に使っています。」

「イベントのエントリーに使わせてもらいました。」

と、嬉しいお声を頂いています。


サンモルドはお客様のためにイノベーションし続けます。


今、イノベーションをお伝えしたことも

2021年にはさらに発展している事もあります。


過去にお仕事させていただいたお客様には

動画撮影などはなかったわけですから。


「うちの着ぐるみも動画とってよ!」


というお声もいただきますので、

サンモルド製品の着ぐるみであれば、

クリーニングや修理の再に対応させていただいております。


興味がございましたら是非、お問い合わせください。

経営者のブログ05

2020.11.19

イノベーション4:着ぐるみの撮影

ここまでこだわって製作させていただいた着ぐるみ。

活躍を一目見ようと現場まで足を運んで愕然。。。


「・・・ちゃんと着こなせていない。」


これはショックでした。


・設定身長のアクターが入っていない。

・肩紐などの調節ができていない。

・足のゴムを踏んでいないので、パンツの裾があがっている。


どれも取扱説明書には記入している事です。

中には、

「うまく着られないので、説明に会社に来てほしい。」

というお客様がいました。


せっかく設計図通りのカワイイ着ぐるみを製作しても

きちんと着てもらえなくては意味がない。


ショックを受けている場合ではありません。

新しい手段を考えなければ。


ここで誕生したのが、「着用説明動画」です。


着ぐるみによって着用する順番やコツも違います。

私たち作り手が当たり前と思っているものを

お客様ができるとは限らない。


過保護といわれてもかわいいキャラクター達を

皆さんの元に送る為に2015年から導入しました。


お陰様で現在

「着方がわかりません」

というお問い合わせは1件もありません。


(次回に続く・・・)

経営者のブログ04

2020.11.18

イノベーション3:職人による手仕上げ


ここまでハイテクな着ぐるみづくり。

機械があれば真似できるんじゃないかと思った方も

少なくないのでは。

しかし、最後の仕上げは熟練の職人による手仕上げになります。

この部分は昨日今日入社した新人にはできません。

サンモルドで研修をこなし、先輩職人から合格をもらった

スタッフでないとお客様の製品を作る事は

許されません。


サンモルドでは動画でもおわかりの通り、平均年齢28.5歳の

女性が中心の職場です。


産休や育休などを充実させ、

結婚してもママになっても働ける環境づくりを

大切にしています。


その結果、スタッグが辞めないことで

腕のある職人を育てる事ができる。


機械かを導入していますが、結局最後は人間力。


スタッフの技術力あってのサンモルドだと自負しています。


そのため、入社後も研修やミーティングなどは欠かしません。

衣装やエア着ぐるみはもちろん全て国内工場での縫製仕上げ。

部分的には手縫いもする完全なる手仕事です。

キャラクターに応じてパターンを作り、

1体1体製作しております。


ゆるキャラブーム、いや、「ゆるキャラ」という

言葉などない41年前から着ぐるみ作りを続けてきた

実績があります。


その経験や、過去の製作事例が何よりの資料になります。


実際、サンモルドのホームページにはたくさんの

製作実績を掲載しています。


年間4,000,000ビューのアクセスをいただいておりますので、

製作いただいたお客様より

「ホームページに載せていただいていい宣伝になる!」

と、嬉しいお声も頂戴しています。

「サンモルドブランドの仲間入りができてうれしい」

というありがたいお声を頂戴したときは感動しました。

経営者のブログ03

2020.11.09

イノベーション2:機械切削による安定供給・量産


3Dモデリングデザインで作ったデザインを

職人の勘で削り出ししては意味がありません。


3Dモデリングデザインで作ったマスクデザインを

機械で正確に切削していきます。

機械切削ですので、厚みも幅もミリ単位で調節できます。


首回りは強度を増すために厚く。

大きな面の部分は軽さを出す為に薄く。


ヘルメット部分は安定するようにベースと一体化させて

切削できるのも、機械ならではの技です。


マスクを被ったときに実際の重さよりも

軽量に感じるように重量分散なども計算できます。


もちろん、機械切削は量産も得意です。


この緻密な計算に基づいたマスクが

いつでも

いくつでも

ご提供できるのです。


しかも、この熟練職人でもできないような神業切削

機械のオペレーションさえわかっていれば、新人でも可能です。


こうして20日仕上げという業界最速のスピードも手に入れました。

経営者のブログ02

2020.11.06

イノベーション1:3Dモデリングデザインで完成予想図を提案

サンモルドでは手書きのラフなデザイン画は提案致しません。

3Dモデリングデザインという

2次元のイラストを3次元化することにより、

アクターダミーを入れた割付図で

マスクの幅や全長

目鼻の位置

など、重要な部分を数値化して立体視できる完成予想図を

製作前に提案する事ができます。


この3Dモデリングデザインを導入したことで、

「思ったより小さかった」


「肩の幅より大きくなって通れない」


「着ぐるみなったときのイメージがわかない」


と、いうお声をほとんどいただかなくなりました。


作ってみないとわからない。


そんな着ぐるみづくりの当たり前を時代遅れにしたかったのです。

経営者のブログ01

2020.10.27

皆さんこんにちは!

日本サンモルド(株)代表の辻りかです。

今日から4回にわたってブログをお届けしていきます!


勉強会などで名刺交換をさせていただくと、

「着ぐるみ屋さんの名刺は初めてもらいました!」と、

ちょっと話題になったりします。


着ぐるみを見たことがない方は恐らく少数派かと思いますが、

着ぐるみ屋さんのお仕事を見たことがない方は大多数かと思います。


子供の夢を壊してしまうから。

同業他社に製法を知られたくないから。


そんな理由で製作工程を企業秘密として隠す事に

私は「?」を感じていました。


着ぐるみを作るときに一番大切にするものはなにか。


金額。

それもあると思います。

予算あってのプロジェクトです。


しかし、それは自分たちのキャラクターをきちんと

着ぐるみ化してくれる。

再現してくれる事が前提ではないでしょうか。


お客様は中身までこだわって色々な着ぐるみ会社を

比べる権利があります。


もちろん、私たちサンモルドは製作過程を隠す事はありません。


むしろ、ここまでこだわって製作している事を

お客様にもご覧いただきたいと思い、

今回のお話しをさせて頂く事に致しました。


サンモルドはかつて全て手作りで製作する事に

誇りを持っていました。


何時間も何日もかけてベースとなるEPSを職人が削る。

FRP造形でマスクを作っていた頃もあります。


着ぐるみにマッチする小物を日常の素材から連想させて

製作する事をプロフェッショナルだと思っていました。


しかし、良いものと悪い物の差が生まれるのです。

当然の事ですが、

腕の良い職人と新人の製品は全くの別物になってしまうのです。


お客様から完成予想図の手書き三面図とは違うとお叱りを頂き、

見た目にキレイに仕上がったマスクは

人が手で削ったものが故、重量のバランスが違うので、

居住性もイマイチ。


なにより、壊れやすい。


サンモルドはこれから「着ぐるみが世界を変える」と信じていました。


よし。

機械を導入しよう。


反発する職人達の意見も、もちろんありました。

何千万円もする切削用の機会の導入は当時の経営も圧迫しました。


しかし、サンモルドはイノベーション(技術革新)する事を

恐れませんでした。


この機械導入が2000年。


「ひこにゃん」が火付け約とされる

2007年のゆるキャラブームが到来する

7年前の出来事です。


(次回へつづく)

オーダー戦隊ドットコム

2020.10.22

ご当地キャラ、ご当地グルメ、ご当地番組。etc

ご当地の方々のお役に立ちたいと、立ち上げた弊社グループ会社の

HPをご紹介致します。


その名も「オーダー戦隊ドットコム」


このサイトの特徴は、着ぐるみ(ヒーロースーツ)の受注はもちろん、

コンセプトの構築、キャラ設定など。1式請け負う。

という画期的なものです。


もちろん、ご当地の事を一番よく知っているのはスポンサーであるお客様です。


HPにもお気軽にお立ち寄りください!


オーダー戦隊ドットコム

着ぐるみボディの撥水加工

2020.10.19

着ぐるみに使用するボアの撥水加工です。

まずはご覧ください。

いかがでしたか。

トライ&エラーでやっと使い物になるところまできました。

以前、あるイベント会場でずぶ濡れになっている着ぐるみ達を

見かけて、これはなんとかしないと。と思った次第です。

ゆるキャラ、ご当地キャラは屋外で活躍するケースがしばしばあります。

これからはイベント中の急な雨でもOKですね。

エントランスに飾っています。

2020.10.12

湖南広域消防局のマスコット「ライくん・レイちゃん」は

普段、こんな感じでお客様をお出迎えしています。

マネキンを用意して

着つけてもらって

冒頭の画像のようにお出迎えです。

イベントなどがない時もこのように宣伝隊長として

有効に使う事ができます。

メンテナンスさせていただきました。

2020.10.08

奈良県三宅町の公式マスコットキャラクター

「みやっぴぃ」が帰ってきました。

時々お色直しに帰ってきます。

クリーニングだけでなくちょっとした繕いや、はがれや、

修理もします。

これはクリーニング店や他社様ではできない事です。

このコの事を一番よく知っているから、

どこを補強しないといけないのか。

どこは自由にしないと動きにくいか。

全てがわかるのです。

何日か弊社で滞在して、

スタッフに直してもらったみやっぴぃは、

ピッカピカになって三宅町様へ帰っていきました!


またいつでも遊びにきてね!

ぜんまいじかけのトリュフ 続編

2020.10.06

写真の撮り方で印象はグッと変わります。

「ヒトは見たものしか判断できない」といいます。

特にお客様に途中経過をご報告するときは気を付けないといけない。

と思っています。

3枚「ぜんまいじかけのトリュフ」を並べてみました。

角度を変えているだけでどのコも同じトリュフです。

どのコが写りが良いですか?

これからも丁寧に写真をとりお客様へご提供したいと思います!

ぜんまいじかけのトリュフ

2020.09.28

ぬいぐるみ風味なのがかわいいですね。

ヨコから見ると「ぜんまい」があって。

おしりがセクシーです。

まるでぬいぐるみがそのまんま着ぐるみになった出来栄えです。

« 最初  |   « 前の20件   | Page.2 |   次の20件 »   |  最後 »